ページの先頭

ページ内移動用のリンク
ヘッダーメニューへ移動
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
サイドナビゲーションへ移動
フッターメニューへ移動
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です

トップページ>不当労働行為の審査

不当労働行為の審査

使用者(会社)から不当労働行為を受けた労働組合が申請できます。
不当労働行為とは次のような行為です。

労働者(労働組合) 使用者
  • 労働者が労働組合の組合員であること
  • 労働組合に加入したり組合を結成しようとしたこと
  • 労働組合の正当な行為をしたこと

を理由に

  • 解雇などの処分をする
  • 賃金や処遇で差別的な取り扱いをする
  • 労働組合に加入しないこと
  • 労働組合から脱退すること
  • 労働組合の正当な行為をしたこと

  • 雇うときの条件にする
  • 団体交渉を申し入れたこと

に対して

  • 正当な理由なく拒否したり、誠意ある交渉をしない
  • 労働組合を結成すること
  • 労働組合を運営すること

に対して

  • 組合活動への嫌がらせや労働組合からの脱退をはたらきかけるなど労働組合の組織・運営に干渉する
  • 労働委員会に不当労働行為救済の申立てをしたことなど

を理由に

  • 不利益な取扱いをする
  • 労働組合の運営に必要な経費などを援助する

審査の流れ

チャート

調査(非公開)
担当委員が、労使双方の主張を聴いて争いのポイントや必要な証拠を整理します。

イメージ

審問(公開)
争いの内容を知っている関係者から事実関係を確認するため、証言を求めます。

             審問傍聴はこちら
        イメージ
命令
不当労働行為にあたると判断(労働組合の主張を認める。)
⇒ 救済命令
不当労働行為にあたらないと判断(労働組合の主張を認めない)
⇒ 棄却命令

詳しく知りたい方はこちら

申立ての手続きのページへ

ここからフッターメニューです