平成30年交付分

ヒューグル開発事件(平成28年不第16号事件)平成30年1月25日

 会社が、組合員の再雇用労働条件等についての団体交渉に、一切譲歩しない姿勢で臨み、また、再雇用契約の開始日を迎えても、組合が求める、暫定的に契約を締結した上で継続協議することすら拒否して、組合員を再雇用しなかったことは不当労働行為に当たるとして救済されたが、その余の申立てについては棄却された例。命令等概要

島崎エンジニアリング事件(平成27年不第18号事件)平成30年1月24日

 会社が、労使関係が良好とはいえない状況下で合理的な理由も何の説明もなく組合員らのみを雇止めしたこと、事前に組合と話し合うことも一切なく、一方的に会社施設の貸与や組合役員の立入りを拒否したことは不当労働行為に当たるとして救済されたが、その余の申立てについては棄却された例。命令等概要
お問い合わせはこちら
(代表) 03-5320-6981
(相談) 03-5320-6996
      <午前9時~午後5時>

 東京都労働委員会では、以下の
 内容の相談に応じています。

 ①集団的労使紛争に関する
   あっせんの申請手続について

 ②不当労働行為救済申立ての
   手続について

 ③その他労働委員会の利用方
   法等について

 ※来庁の際は、予めご連絡くだ
   さい。

 これら以外の労働相談につきま
 しては、関係機関にご相談くだ
 さい。
所在地
 〒163-8001
  東京都新宿区西新宿2-8-1
  都庁第一本庁舎南(S)塔
  38階(調整室・審問室・控室)
  37階(事務局)

※H号機のエレベーター
(オレンジ)をご利用ください。