トップページ > 審査の期間の目標と達成状況の公表 > 統計資料

統計資料

平成30年までの事件取扱状況

1 労働争議の調整事件

 30年の労働争議調整事件の取扱件数は、前年に比べ6件減少して83件であった。
 新規係属件数は、前年を13件下回り60件となった。

2 不当労働行為の審査事件

 30年の不当労働行為審査事件の取扱件数は、前年に比べ7件増加して406件であった。
 新規係属件数は、前年を8件下回り97件となった。

統計データ

統計データ(PDF形式:389KB)
(掲載内容)
1 労働争議の調整
 (1) 調整事件取扱件数
 (2) 従業員規模別件数
 (3) 産業別件数
 (4) 調整事項別係属状況
 (5) 終結区分別平均所要日数
2 不当労働行為の審査
 (1) 不当労働行為事件取扱件数
 (2) 従業員規模別件数
 (3) 産業別件数
 (4) 労働組合法第7条該当号別件数
 (5) 終結区分別平均所要日数
3 労働組合の資格審査
 (1) 資格審査取扱件数
 (2) 係属事由別新規件数
4 相談件数

統計・刊行物

PCサイト表示